3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

隠岐・中ノ島で「木の置物市」 手作りケーキの販売も

あまマーレで開催された「木の置物」を即売するイベント

あまマーレで開催された「木の置物」を即売するイベント

  • 0

  •  

 隠岐・中ノ島の交流コミュニティー施設「あまマーレ」(海士町海士)で 4月 25日・26日の 2日間、「特選!木の置物市」が開催され、多数の来場者でにぎわった。

木のぬくもりを感じる展示スペースは旧保育園の教室を利用

 汗ばむほどの陽気に恵まれた週末、初日から多数の来場者を集めた同市。木の暖かみを残しながらも、思わず見入ってしまうような完成度の高い「木の置物」は、 1つ100円から 300円という廉価も伴い、初日から売約済みの札が目立った。

[広告]

 「玄関脇に飾りたい」「花瓶の敷板として使いたい」など、購入者の用途はさまざま。インテリア用品を扱う店舗のない同島において、島民のニーズを満たした格好となり、6点を同時購入する姿も。

 同時に手作りケーキも提供。同町崎地区で収穫された梅を使ったパウンドケーキや、レーズンケーキ、抹茶ケーキなどを、「お気持ち料」(150円程度)で楽しめるとあり、同施設をカフェ使いする高校生の姿も見受けられた。

 「初日は島内の別イベントと重なり、集客が心配だったが、たくさんの方に立ち寄ってもらうことができ、ホッとした。来月にはフリーマーケットを企画しているので、そちらもたくさんの方に出店、来場してもらいたい」と、同施設のスタッフは来るイベントに意欲を見せる。

  • はてなブックマークに追加