食べる 暮らす・働く

隠岐・中ノ島「キンニャモニャセンター」、リニューアル祝う感謝祭開催へ

隠岐・中ノ島の玄関口「キンニャモニャセンター」(菱浦港フェリーターミナル)

隠岐・中ノ島の玄関口「キンニャモニャセンター」(菱浦港フェリーターミナル)

  •  

 隠岐・島前中ノ島の「キンニャモニャセンター」(海士町福井)で4月25日、入居するテナントのリニューアルオープンを祝うイベント「がいな感謝祭」が開かれる。

海士町の地域通貨「ハーン」

 「キンニャモニャセンター」は、島の玄関口・菱浦港フェリーターミナルの愛称。完成は2002年4月で、同年には第10回「しまね景観賞」を受賞している。施設内では現在、漁協直売店「大漁」、農産物直売店「しゃん山」、特産品・土産物店「島じゃ常識商店」の物販3店舗と飲食店「船渡来流亭(せんとらるてい)」がテナントとして営業。観光協会のほか、地産地消課など同町の産業関連部署も入居している。

[広告]

 イベントは、2014年末からテナントの一部を休んで続けてきたリニューアル工事の完成を祝い開くもの。当日は、東京の民謡酒場「追分」から津軽三味線コンクール優勝経験を持つ奏者を招き、ライブ演奏が行われるほか、隠岐民謡や島内の保育園児による踊りの披露もある。

 併せて会場では、船渡来流亭がランチバイキングを実施。焼きイワガキ、ファストフードを提供する屋台の出店や地域通貨「ハーン」が当たるくじ引き、コメ1キロを目分量で容器に入れて正確さを競う「重さ当てゲーム」、祝い餅をまいて福を分ける「餅投げ」、「マグロの解体ショー」「餅つき」「隠岐世界ジオパークの展示」などのプログラムも提供する。餅投げでは、階上からまく餅の一部(10個)に1万円分のハーンを仕込み、「銭餅」とする趣向も用意する。

 開催時間は9時~13時。問い合わせは海士町役場地産地消課(TEL 08514-2-1824)まで。