天気予報

28

22

みん経トピックス

隠岐で「うまれる」上映会隠岐・島後に「くすぶる」宿

隠岐・中ノ島のレストランで「あじフェア」 旬の食材、たっぷり味わって

隠岐・中ノ島のレストランで「あじフェア」 旬の食材、たっぷり味わって

旬を迎えているアジのフライ

写真を拡大 地図を拡大

 隠岐・島前中ノ島(海士町)のレストランで現在、「あじフェア」が開催されている。

大小のアジフライ4枚が付く「あじ三昧」

 7月に旬を迎えるアジをふんだんに味わってもらおうという同フェア。フェリーターミナルに併設のレストラン「船渡来流亭」(福井、TEL 08514-2-1510)が企画した。

 フェアでは、通常のアジ定食メニュー3種「あじ三昧」(1,500円)と「ちょっと大きなアジフライ定食」(1,200円)、「あじ米粉唐揚げ定食」(1,080円)に単品メニューの「あじ米粉唐揚げ梅酢漬け」(通常価格=3枚450円)1枚をサービスで付けるほか、同メニューの価格も300円に割り引く。あじ三昧では、島内の崎地区が生産している梅酢ドリンクの無料提供(ハーフサイズ)も。メニューそれぞれに使うアジは、同じく崎地区の沖合にある定置網から調達する。

 島内には鮮度や食感、旨味、色味などを損なわずに食材を冷凍できる「CAS凍結センター」が立地。センターからは季節を問わず出荷しているアジも「旬を迎え、今が最もおいしい時期」と同店の面谷洋行さん。「この機会にぜひ味わってもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 7月31日まで。営業時間は9時~15時。火曜定休。

グローバルフォトニュース