天気予報

28

22

みん経トピックス

隠岐「あまんぼう」運航開始隠岐で綱引き大会

隠岐・西ノ島で「国賀開きフェスタ」 観光シーズンの幕開けとともに

  • 0
隠岐・西ノ島で「国賀開きフェスタ」 観光シーズンの幕開けとともに

「じょんじょん太鼓」で観光客を出迎える

写真を拡大 地図を拡大

 隠岐・西ノ島で4月1日、「国賀開きフェスタ」が始まった。30日まで島内各所でさまざまな催しが開かれる。

夜桜と島前神楽

 春の訪れとともに増える観光客をさまざまなイベントで出迎える同フェスタ。初日は、本土から到着するフェリーを地元有志の女性が民謡に合わせて太鼓を演奏する「じょんじょん太鼓」で出迎えた。「じょんじょん」は古くから使われている方言で、「わくわく」「ドキドキ」など「前向きに活気あふれる様子」を表す。毎週土曜、「じょんじょん」した太鼓のリズムがフェリーの到着を出迎える。

 由良比女神社(西ノ島町浦郷)では毎週土曜、島根県指定無形民俗文化財である「島前神楽」の夜神楽特別公演が催される。

 9日には隠岐ユネスコ世界ジオパークのジオサイトである国賀海岸を清掃する「国賀海岸ビーチクリーン」を開催。他島からも広く参加者を募る。

 国賀海岸では22日、29日の2日限定で、地元「わがとこ茶屋倶楽部(くらぶ)」の協力により「夕陽カフェ」が開かれる。

 15日には一日限りの「いわがき小屋」も登場。別府港隠岐汽船前で、「蒸しイワガキ」やイワガキを使った創作メニューを格安で提供する予定。

 西ノ島町観光協会では「全てのイベントは申し込み不要かつ参加無料。春の西ノ島を楽しんでもらえたら」と話す。問い合わせは同協会(TEL 08514-7-8888)まで。

グローバルフォトニュース