天気予報

33

25

みん経トピックス

隠岐航路が通常ダイヤに隠岐・海士町で和歌講座

隠岐・島前3島でウオーキングイベント 世界ジオパーク舞台に

  • 0
隠岐・島前3島でウオーキングイベント 世界ジオパーク舞台に

赤ハゲ山(知夫村)の頂上からは3島を囲む島前湾を見下ろすことができる

写真を拡大 地図を拡大

 初夏の隠岐諸島を2泊3日で歩いて巡るイベント「とって隠岐ツーデーウオーク」の参加受け付けが始まった。主催は日本ウオーキング協会と地元実行委員会。

新緑の摩天崖(西ノ島町)

 今年で15回目を迎える同イベント。5月27日・28日の2日間にわたり、世界ジオパークの認定を受けている隠岐諸島のうち島前エリアに当たる西ノ島(西ノ島町)・中ノ島(海士町)・知夫里島(知夫村)の3島に2つのウオーキングコースを用意し、国内外の愛好家を迎える。

 コースは、27日=「海士町・知夫村コース」と28日=「西ノ島町コース」。27日は菱浦港(海士町)を起点に隠岐神社などを回った後、船で来居港(知夫村)へ渡り、赤ハゲ山へ。バスで展望台まで上がり、景観を楽しんでもらいながら下山し、同港が終点になる。28日は西ノ島で、摩天崖や国賀海岸などを回る。

 いずれのコースにもガイドや観光船を用意するオプションを設定。変わったところでは、岸壁からの釣りを楽しめるメニューもある。オプションとして海士町で26日、前夜祭を開き遠来の参加者らをもてなす。

 参加費は、1コースあたり3,500円(小学生は1,000円)。オプション料金は別途。希望者には参加費とフェリー運賃、宿泊費や昼食の提供などをパックにしたプランも用意する。

 受け付けは先着順。詳しくはホームページで確認できる。

グローバルフォトニュース