天気予報

26

20

みん経トピックス

隠岐でキムチ作り講座隠岐でイワガキ出荷

隠岐の節分、ナマコで「砂おろし」 健康を願って

  • 0
隠岐の節分、ナマコで「砂おろし」 健康を願って

家庭料理「アカナマコの酢の物」

写真を拡大 地図を拡大

 2月3日の節分を迎え、隠岐の各家庭では「砂おろし」と称しナマコを酢の物にして味わっている。

穏やかな節分を迎えた菱浦港(海士町福井)

 ナマコは海底に沈んだ有機物を餌とし、砂とともに体内に取り込み、不要な砂を排出する習性を持つ。その習性にあやかって体内の老廃物を出そうと、この時期に旬を迎えるナマコを酢の物にして食べる。「健康」や「風邪予防」への願いが込められることも。

 酢の物は、下処理をしたナマコを薄切りにし、大根おろし、岩のりとともに三杯酢であえたもの。ユズの皮をあしらって香りを添えるのも一般的。

 海士町内の商店では、店頭に恵方巻きも並ぶ。「節分に巻きずしを食べるようになったのはごく最近。昔からナマコで『砂おろし』するのが習慣づいている。酢の物にはアカナマコがおいしい」と話していた。

グローバルフォトニュース