天気予報

19

18

みん経トピックス

隠岐・知夫クリスマスイルミ隠岐にリサイクル品無料店

隠岐・海士町「亀田商店」にイルミネーション 島留学の高校生らが飾り付け

  • 0
隠岐・海士町「亀田商店」にイルミネーション 島留学の高校生らが飾り付け

電球1000個以上を使う

写真を拡大 地図を拡大

 隠岐・海士町で現在、島留学している地元高校生らが飾り付けたクリスマスイルミネーションの点灯が行われている。

イルミを作った「島留学」の高校生ら

 イルミネーションを飾り付けたのは、県立隠岐島前高校の生徒ら6人のメンバー。いずれも島外出身で、生徒寮に寄宿して高校生活を送っている。毎年、東地区にある豆腐製造業兼食料品店の亀田商店(海士町海士)が飾り付けてきたイルミネーションを引き継ぎ、今年も点灯にこぎ着けた。

 引き継ぎのきっかけは、同商店の保野ひとみさんがメンバーの一人・河合月さん(1年生)の「島親」を務めていたことから。島親とは島外からの「島留学」で同高校に通う生徒らの身元を引き受ける役割に当たる。昨年までは保野さん家族が飾り付けていた。

 「今年は息子らの都合が悪く、どうしたものかと思案していたが」と保野さん。話を聞きつけた河合さんがメンバーに呼び掛けて協力を求め、「週末を使い2日間かけて完成させた」(河合さん)という。

 イルミネーションは、サンタクロースを乗せてカメが引くそりを、トナカイが追いかける様子を表現。カメは、同商店の屋号にちなんで採り入れた。白と青の電球で雪が降る様子も表している。

 点灯時間は17時30分~23時。点灯期間は年内中を予定している。

グローバルフォトニュース