見る・遊ぶ 暮らす・働く

隠岐にシンガポールの大学から視察来島 観光ビジネスを学ぶ

拠点としている隠岐國学習センター

拠点としている隠岐國学習センター

  •  
  •  

 隠岐・海士町に6月5日、私立シンガポールマネジメント大学(SIM)から学生9人が来島し、町の観光ビジネスを学んでいる。

海士町滞在を楽しむ一行

 6月8日は町内の飲食店を訪問。海士町の印象について「素晴らしく美しい場所。海がきれいで、花が咲き乱れ、自然美にあふれている」と話し、「地元の食べ物がおいしいことにも驚いた。豊かな土地で人々が地元に愛着を持って暮らしていることを感じる。皆フレンドリーで旅行者にもあいさつをしてくれるのでびっくりした」とも。

[広告]

 島の観光をより盛り上げるための施策について、事前の情報収集が難しかったことに触れ、英語での情報発信を進めることを提案。「豊かな自然環境の中でのさまざまな体験が、この島の観光のハイライトになるのでは」とも。

 一行は島内の宿泊施設・飲食店・企業などを訪問する傍ら、県立隠岐島前高校の「夢ゼミ」授業に参加するなど、19日まで滞在予定。視察の報告として、風景や人々を写真や動画に収め、帰国後ウェブサイトで発信するとしている。

  • はてなブックマークに追加