見る・遊ぶ 暮らす・働く

隠岐汽船、本土からの午後便欠航へ 波高5メートル

午後の欠航を決めた「フェリーしらしま」

午後の欠航を決めた「フェリーしらしま」

  •  
  •  

 隠岐と本土間の海運を担う隠岐汽船(隠岐の島町中町、TEL 08512-2-1122)が11月26日、境港発14時25分での運航を予定していた「フェリーしらしま」の欠航を決めた。

レインボージェットは、連日欠航が続いている

 同日は「フェリーくにが」「フェリーおき」についても、寄港地・寄港順を変更するなど、臨時スケジュールで運航している。

[広告]

 日中の最高気温が20度に届く日もあるなど穏やかな冬の初まりを迎えていた隠岐エリアにも、いよいよ冬型の強い季節風を伴う低気圧が。このところ連日、波高は3メートルを超えている。高速船「レインボージェット」の欠航が相次ぐなど、離島の生活にも影響を及ぼし始めた。

 島前3島を結んで隠岐観光(西ノ島町浦郷、TEL 08514-6-0016)が運航する船便も同日、欠航や寄港地の変更を発表。内航船「いそかぜ」は終日欠航する。内航フェリー「どうぜん」は、来居港(知夫村)への寄港を取りやめ菱浦港(海士町)と別府港(西ノ島町)を往復する変則スケジュールで運航する見込みだ。

  • はてなブックマークに追加