天気予報

27

23

みん経トピックス

隠岐にクラフトギャラリー隠岐で高校生ワークショップ

隠岐で協力隊・支援員研修会 4島の枠とらわれず、意見交換も活発

隠岐で協力隊・支援員研修会 4島の枠とらわれず、意見交換も活発

隠岐4島の地域おこし協力隊員・集落支援員16人が研修会を行った

写真を拡大 地図を拡大

 隠岐・中ノ島のマリンポートホテル海士(海士町福井)で12月22日、隠岐4島に駐在する地域おこし協力隊・集落支援員の研修会が開かれた。

海が見えるホテルロビーでのグループワークに熱が入る

 4島持ち回りで毎年行われてきた同研修会。5回目を数える今年のテーマは「自分ごとのマイプロジェクト」。同島にIターンして起業した阿部裕志さんが講師・進行役を務め、協力隊・支援員16人が集まった。

 研修会は、ニックネームによる自己紹介などで和やかにスタート。「マイプロジェクト」の発表では、「シーカヤックツアー」「集落を回る移動式居酒屋」「暮らしに密接した道具のギャラリー」などのアイデアに膝を打って感心する人も見られた。

 4人ごとに分かれたグループワークでは、近隣のビーチやホテルのロビーなど思い思いの場所を選び、それぞれの「マイプロジェクト」を掘り下げて検討。森林資源の活用やストレスマネジメントなどの「深いところ」に触れ丁々発止のやりとりを行うグループもあった。

 研修会を主催した島根県隠岐支庁県民局地域振興課の足立祐弥さんは「今回も(駐在する)町村の枠を超えての交流と意見交換を行うことができた。今後も続けていきたい」と締めくくった。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング